fc2ブログ
  • 今回のメコンデルタ最後の地であり、約20年前に訪れメコンデルタとの出会いの地となったBen Tre ベンチェー。ミトーからメコン川を渡ったらベンチェーです。街がずいぶん大きくなっていました。当時は舗装道路は少なかったのに今はアスファルトが張り巡らされ、すっかり様変わり。宿泊はメコン川の支流ベンチェー川に面したHung Vuong Hotel。古いけど眺めは最高です。メコンデルタはハンモックが生活に溶け込んでます。家庭の軒... 続きを読む
  • An Binh アンビンから宿の人にバイクで船着き場まで送ってもらい、渡し舟で Cai Be カイベーへ。カイベーは、メコン川に流れ込む支流との合流地点に位置します。↑橋の上からの風景。ふり向くとメコン川↓この日のお宿は、その支流に面した Nam Thi Holiday Home。道路と川に挟まれた、長屋のような建物の中の1軒です。川に面したテラスのある、広~いお部屋を独り占め!お部屋のオーナーさんは、隣接する雑貨屋さんも経営されてます... 続きを読む
  • An Binh アンビンは、Vinh Long ビンロンからフェリーで渡った大きな中州にある村。到着は夕暮れ時。中州の先端で、欧米人旅行者たちと一緒に、それはそれはきれいな夕焼けに包まれました。対岸のビンロンの街が見えます。「中州」と書きましたが、実際は無数の川が流れる巨大な三角州。ここアンビンは、その三角州の頂点部分です。メコン川はここで2本に分かれ、出会いと別れを繰り返して、海まで流れるのです。宿泊はHomestay N... 続きを読む
  • Long Xuyen ロンスエンの次の目的地は、Vinh Long ビンロンの中州の街 An Binh アンビン。途中、映画・小説『愛人(ラマン)』のゆかりの地 Sa Dec サデークでバスを乗り換えがてらに観光する計画でした。ところがロンスエンで知り合ったベトナム人の1人が、約80キロもの道のりをバイクで送ってくれると言うので、お言葉に甘えることに。バイクで渡し舟に乗り、いくつもの橋を渡り、ロンスエンより下流のビンロンを目指します。道... 続きを読む
  • プノンペンからメコンデルタに入って2カ所目。この辺りからホームステイです。宿の人との待ち合わせはたいてい船着き場。最初は船着き場に行ったらちゃんとたどり着けるのか心配でしたが、必ず何とかなりました。Long Xuyen ロンスエンでは Ô Môi 埠頭で待ち合わせです。が、ここ ロンスエンでは宿の人と連絡がうまく取れず、船着き場ではフリー wifi がなく困り果てました。(ルーターなしで旅行しました。たいていなんとか... 続きを読む

メコン人

メコン川が大好きなメコン人です。
ブログのテーマは、
◆ 有休取って行った短期旅行
◆ メコン川
です。
以前は帰国のチケットを持たない旅行を繰り返していましたが、時が流れて定職に就いてしまいました。
それ以来、1週間から10日程度の一人旅。
正直、毎回この期間の短さに不満が残り、旅行終盤には帰りたくない病にかかりますが、事前に納得するまで調べた上で、私の好みに沿った旅行にいつも大満足。
旅先で撮った写真などはこれまでずっと私だけの思い出にしてきましたが、旅の楽しさや情報を少しでも共有できればと、ブログを書いてみることにしました。
短い旅行でもこんなに楽しめる!というのが伝わればと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

検索フォーム

QRコード

QR